アンパンマンの顔をしたパンを食べました

パン屋さんで、アンパンマンの顔になっているパンを見つけました。

丸いパンの上に小さな丸いパンが3つ並べて焼かれています。
真ん中がアンパンマンの鼻で両側がほっぺになり、顔の目・眉・口は、チョコペンで描かれています。

とっても可愛いので、6歳の娘に買ってきてあげました。

娘は大喜びで食べるのがもったいない様子でしたが、どこから食べようか迷った挙句、最初にかじったのはアンパンマンの鼻でした。
立体になっている鼻を上からかじったのです。

なんでそこから~!?

私と娘は大笑い。
毛穴下地

次にかじったのは両隣りのほっぺの部分。
丸いパンの真ん中に、3箇所かじった跡があるパンになってしまいました。
それでもアンパンマンの目と口は笑っています。
それを見て娘は大はしゃぎ。

いよいよ土台に入ります。
頬の部分を両側とも食べていきます。口は残っているので、頬がこけたアンパンマンになりました。
娘の笑いは止まりません。

次はオデコから眉にかけて食べると、顔の輪郭もぐるっと一周食べてしまいます。
縦長の目と、笑った口、かじられた跡がある鼻が残りました。

ここからは細かく刻んでいきます。
口半分、右目半分、鼻の跡部分、片方の口角、左目半分と、
細かく食べ進めていき、最後は縦長の目の半分が残りました。もう右と左のどちらの目かもわかりません。

大笑いしながら食べたアンパンマンの顔でしたが、中に入っていたのはあんこではなくチョコクリームでした。

アンパンマンの顔をしたパンを食べました